2018年11月7日水曜日

人工知能が人類を超える日

 昨今、人工知能の活躍には目覚ましいものがあります。
将棋や碁といった複雑なルールにおけるゲームにおいては、ついにコンピューターが人間の知能を凌駕しました。
自動車の運転においても、人工知能がすべての運転を自動化することに成功しています。実用化される日も近いことでしょう。実際、Google社は近い将来、運転免許は不要になると豪語しています。
また証券取引や医療分野においても、人工知能はすでに欠かせないものになってきています。
 さて、このような時代のながれにおいて、Google社に勤めるレイ・カーツワイル(Ray Kurzweil)によれば、人工知能がすべての人類の知能を凌駕する技術的特異点、いわゆる「シンギュラリティ」(Singularity)は2045年に到来すると予言しており、その後も指数関数的に進化していくとのこと。
実際、今後さまざまな業種において、労働力が人工知能に取って代わられると言われています。オックスフォード大学が2013年に発表した論文では、「今後10~20年で47%の仕事が機械に取って代わられる高いリスクがある」と結論付けています。
 先ほども述べましたが、マーク・アンドリーセンは、「人類は、コンピューターを使う側と使われる側に分けられる」と言っています。本書の読者はきっと、コンピューターを使う側、人工知能を使う側となり、シンギュラリティを平穏無事に乗り切れるであろうことを著者は予言します。

0 件のコメント:

コメントを投稿