2018年11月7日水曜日

Microsoftという会社②

 Microsoftの創業は、1975年。創業からすでに40年以上が経過している、IT業界としては古い企業です。
 創業者は、ハーバード大学をドロップアウトした天才プログラマー、ビル・ゲイツ。MS-DOSというコマンドラインベースのOSとBASICを武器に、Microsoftはソフトウェア会社として急成長しました。そしてWindows OSとMicrosoft Officeにより、その地位を盤石なものにします。
ビル・ゲイツは、すさまじいまでの仕事人間だったようで、そのあたりは三田出版会1999年10月出版の「帝王の誕生-マイクロソフト最高経営責任者の軌跡」をご一読いただければと思います。
 現在、Microsoftの舵を取るのは、2014年に3代目のCEOに就任したサティア・ナデラです。
サティア・ナデラは、40年の歴史を持つMicrosoftの文化を変えることから始めました。それまで、Windows Server製品を脅かす存在だったオープンソース・ソフトウェアのLinuxや、長年のライバルであるApple社と手を組むことを決意しました。これらの製品は、決して競合製品ではなく、Microsoftのアプリやサービスを使ってくれる提供先だという考え方に変わったのです。現在では、さまざまなデバイスにてMicrosoft Office製品を使うことができるようになりました。これは、我々ユーザーにとっては、非常に喜ばしい決断だったのではないでしょうか。
 今後も、Microsoftの動向に期待大です。

0 件のコメント:

コメントを投稿