スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

2013の投稿を表示しています

データベース革命

久々のブログ更新です。
近々、某出版社様からデータベースのムック本が発売されます。
その本の巻頭特集を書かせていただきました。

その書き出し部分を掲載します。

 データベースの世界に、革命が起こりつつあります。
長年隆盛を極め、データベースの主流となっていたリレーショナルデータベースですが、昨今の大規模情報化社会において、その欠点が顕著に目立ち始めました。
「リレーショナルデータベースは、大量のデータ処理に弱い」
この「大量のデータ」、これは「ビッグデータ(Big Data)」と呼ばれています。
現在の主流であるリレーショナルデータベースは、ビッグデータに弱いのです。
これは、パソコンだけでなくスマートフォンやタブレット端末から、いつでもどこでもかんたんにビッグデータにアクセスできるようになった現代のクラウド社会においては、かなり重大な欠点です。
実際、検索エンジンで有名なGoogleでは、Googleが保持している大量のWebページに関するデータは、Bigtableというリレーショナルデータベース以外のデータベースによって管理されています。リレーショナルデータベースを利用しなかったもっとも大きな理由、それは「リレーショナルデータベースでは遅いから」です。
検索ボタンをクリックしたら、瞬時に検索結果を表示する必要があるのです。ユーザーを何秒も待たせるわけにはいかないのです。
Googleのデータベースだけではありません。大量データを扱うようになった現代のクラウド社会においては、リレーショナルデータベースでは不都合な点が散見し始めたのです。
そして、リレーショナルデータデータベースから別のデータベースを利用するための動きが高まり始めました。リレーショナルデータベースと対話するための言語である「SQL」をその名に含む「NoSQL(Not Only SQL)」という動きです。
その名から「SQLはもう不要(NoSQL)」ともとれる挑発的なこの動きは、時代の必要性によって、着実に広まり始めています。
NoSQLに分類されるデータベースは、リレーショナルデータベースほど高機能ではないものの、その軽量さが特徴です。今後、より多くのデータ処理を行う可能性が増えるにつれ、NoSQLに分類されるデータベースがリレーショナルデータベースを代替する場面も増えていくことでしょう。
とは…

Galaxy Note 2を購入しました

2年以上使用したGalaxy Sからの機種変更です。
正直、少々衝動買いに近いものがあります。

さて、Galaxy Note 2を使った感想を書いてみようと思います。

まずは、今まで使用していたGalaxy Sと比較すると、タッチ操作がスムーズになりました。
Galaxy Sでは、ホーム画面をフリックしてページ移動する際にプチフリ(一瞬画面が固まること)が発生することがありましたが、Galaxy Note 2は今のところなめらかにページ移動します。
また、ロック画面を解除するためのパスワード入力について、Galaxy Sはここでもプチフリが頻繁に発生していました。
そのプチフリが解除されるのを待っていると、その待ち時間でスリープモードに入ってしまうことがあり、再び一からパスワードを入力し直す羽目になることが多々ありました。
その点、Galaxy Note 2のソフトウェアキーボードは、タップしたキーが即座に画面に反映されます。
当たり前のことが当たり前にできるようになり、非常に快適です。
これだけでも、十分に買い替えた甲斐がありました。

「Samsung社のGalaxyは、Apple社の製品の物真似」とよく言われていますが、Apple社の製品にはないタッチペンというUI(ユーザーインタフェース)をタッチパネル操作の重点に置くGalaxy Note 2は、十分にそれらと一線を画していると言えると思います。
また、個人的には標準アプリ(最初からインストールされているアプリ)の品質も、iPad miniの標準アプリよりも上だと思います。
(イコライザーの機能が付いた音楽アプリ、サムネイル表示されている時点で自動再生される動画ファイル、エフェクトをかけた写真にタッチペンで編集する機能など)

ただ、いくつか不満点があります。
タッチペンを本体から抜きとる際、注意しないとほぼ確実に「戻る」ボタンを押下してしまいます。
そのため、タッチペンを使用するために起動したアプリを、うっかり閉じてしまうことがあります。
このあたり、おそらくProtoType(試作品)が完成した時点で開発者も気づくはずですが、タッチペンの差し込み口を下から上に移動するなどの対応はできなかったのでしょうか。

また、音声認識の機能は、iPad miniの方が若干上ではないかと思います。
「長岡市の天気を教えて…

サイバー攻撃の激化と深刻化

Twitterがサイバー攻撃の被害に遭い、25万人分のユーザーの個人情報を流出させてしまいました。

ツイッターにサイバー攻撃 25万人分情報流出の恐れも

この記事にもあるとおり、Newyork Times紙とWallstreet Journal紙のコンピューターも中国からの不正侵入を受けたばかりです。
さらに昨年の12月には、Gmailもサイバー攻撃によって大量の個人情報を流出させてしまっています。
個人的に、もはやネットに依存しすぎる環境に対して危機感を感じさせざるを得ません。 私もGmailを利用していますし、クラウドサービスに履歴書や副業収入の明細などをアップしています。 便利だからこそ利用しているのですが、漏洩させたくないデータに関してはネット上に置いておくのは心配でなりません。
個人情報の流出だけでなく、ネット環境に依存している現在においてはサイバー攻撃によってありとあらゆるものがマヒしてしまうといったことも十分考えられます。 Newyork Times紙とWallstreet Journal紙に関しては、中国報道の監視だけの目的で大企業のコンピューターシステムに不正侵入してきたのですから、サイバー攻撃はあまりにも手軽で思った以上に身近に迫りくる危険だと思わずにいられません。


五十嵐貴之

初校の脱稿が完了しました

今回はIT社会の時事ネタではなく、個人的なことです。

私の7冊目の本の初校が、昨日脱稿しました。
今までに書かせていただいた6冊の本はすべてプログラミングに関するものばかりだったのですが、今回はハード機器(iPad mini)に関する説明本です。

今までと同じような感覚で、特にページレイアウトなどを気にせずに文章を書いて画像を取っていたのですが、いざ編集の時点で「文章が足りない」「画像も少ない」と問題点ばかり。
編集者の方に多大なご迷惑をおかけしてしまいました。

結局、初校は2日遅れ。
編集者の方を連日徹夜させていまいました。
かなり、反省しています。

難産でしたが、初校を見させていただいた限り、かなり良い本になっています。
(私の力ではなく、頑張ってくださった若い女性編集者様のお陰です!)
まだ発売日は未定ですが、決まり次第、また報告します。
書店で見つけたら、ぜひともお買い求めください。

今回の反省点は、慣れと驕りです。
最初にきちんと提示されたページレイアウトがあったにも関わらず、文字数も画像配置も気にせず、いい加減に文章を書いて画像を取っていました。
結果、周りに大きな迷惑をかけてしまいました。

もう1度初心に帰り、謙虚な姿勢で慎重にお仕事をさせていただこうと思います。


五十嵐貴之

クラウドとは

いままでに「クラウドって何?」という質問を何度か受けたことがあるので、執筆中の書籍に書く予定の文章をそのまま掲載します。
「クラウド」とは「雲」という意味で、「クラウドサービス」をおおざっぱに説明すると、サービスを提供するコンピューターの実体が手元になく、ネットワークの向こう側、つまり、まるで雲の彼方にあるかのような状態のことをいう。
クラウドではないサービスの場合、サービスを提供するコンピューターは手元にある。
たとえば、社内で使用しているシステムの場合、サーバーと呼ばれるコンピューターが社内に置いてあり、そのコンピューターがサービスを提供している。
この場合、このサーバーが故障することによって、サービスを提供できなくなる。
そのため、サーバーが故障することがないよう、または故障してもすぐに復旧できるよう、社内にコンピューターの管理者を常に配置しておかなくてはならない。
これに対し、「クラウド」が提供するサービスの場合、サービスを提供するコンピューターはネットワークの向こう側にあり、サービスを受ける者はその実体の存在を気にとめる必要がない。
クラウドサービスを利用する利点は、手元にサービスを提供するコンピューターをおく必要がないことだ。
手元にサービスを提供するコンピューターがあると、これを常に管理する必要がある。
個人利用においていえば、たとえばデジカメで撮ったプライベートな写真を個人のパソコン内でのみ管理していたとしよう。
当然、写真が増えれば増えるほど、パソコンのディスク容量を圧迫する。
さらには、もしこのパソコンが故障して復旧できなくなってしまった場合、なかに入れてあった大切なプライベート写真も、すべて消えてなくなってしまう。
これをクラウドサービスを利用した場合でみてみると、これらのプライベート写真はすべてクラウドのなかに置くことになる。
当然、パソコンのディスク容量は不要だ。
クラウドはネットワーク上に存在するため、パソコンがネットワークで接続できることが条件だが、パソコンが故障してもプライベートな写真が削除されることはないばかりか、パソコン以外にもスマートフォンなどのさまざまなデバイスからも共有して写真を閲覧できるようになる。


五十嵐貴之

新年あけましておめでとうございます

本年もいかちソフトウェアを宜しくお願いいたします。

最近、ひさびさに執筆のお仕事をやらせていただいているため、ブログの更新がすっかり滞っておりました。

最近のIT関連のニュースでは、クリスマスシーズンにGmailが乗っ取られるという被害が日本国内においても非常に多く発生したようです。
やはりクラウドサービスに重要なデータを残すのは、セキュリティの面において危険なのか、と改めて考えさせられました。
この乗っ取り被害は、なぜこれほどの大きく発生してしまったのか、Google側の見解を知りたいものです。
今回の乗っ取りはGmailだけに限られるのか、それともGoogleが提供するすべてのサービスに影響を与えるのか、被害件数はどのくらいなのか、対策方法など。

ところで、今回のGmailの乗っ取り被害に関して、Google側で検索結果に細工してたりしてませんでしょうか?(笑)

"gmail 乗っ取り"のGoogle検索結果


五十嵐貴之